麻酔の危険性


アストリッド・リンドグレン小児病院では、年間約6500人の子ども(1~18歳)を、診察及び手術中に眠らせます。実行される麻酔の大部分は、日常的な処置ですが、麻酔によっては、他の専門医と協力しての広範囲で個人対応の準備を要求されることもあります。永年の機器、薬剤、手順、知識の発展で麻酔に伴う危険性は著しく減少し、今では安全性は非常に高くなっています。呼吸、酸素の調節、心機能の監視などのルーティン的な監視や麻酔前の準備が、それに貢献しました。詳しい情報や質問への答えは、麻酔科医がお受けしています。

//Search

twitter icon

Astrid Lindgren Children´s Hospital | Karolinska University Hospital 171 76 Stockholm


© Karolinska University Hospital

mail
Logotype