麻酔前の準備


麻酔には、お子さんの健康状態がとても重要な意味を持っています。それで、麻酔科のスタッフが幾つかの問診を致します。そこで、事前に以下のことをよく考えられておくと良いでしょう:

皆さんへの質問:

  • 既往症と現在の病気
  • Aアレルギー
  • 今使用している薬と最近まで(先月)使用していた薬
  • 以前の麻酔歴及びそれに伴う合併症
  • 麻酔に伴い問題があった血縁者
  • 現在の体重
  • ぐらぐらする歯
  • 乗物酔い

若年者への質問:

  • 喫煙
  • 妊娠

お子さんが肺炎、気管支炎、急性喉頭炎、扁桃腺炎などの気道の病気にかかっている、もしくはつい最近かかられた場合には、麻酔科スタッフに特にお知らせ下さい。お子さんが最近まで風邪をひいていた場合も、忘れないで話して下さい。気道の病気の徴候は、例えば発熱、咳、呼吸が苦しい、鼻づまり、鼻水です。これらの病気には、麻酔をかける上で合併症を起こしやすくする危険性がありますので、看護の時間が長くなったり、或いは手術を延期することになるかもしれません。更に、例えば車に乗った時に、お子さんが気分が悪くなったり、吐いたりしやすいかを伝えることも大切です。

//Search

twitter icon

Astrid Lindgren Children´s Hospital | Karolinska University Hospital 171 76 Stockholm


© Karolinska University Hospital

mail
Logotype