手術科で


手術科では、親/近親者のうちお一人だけ手術室に入ることが許されています。中に入られる方は、予防衣、帽子、靴のカバーをつけなければなりません。その後、お子さんは手術台に移され、手術室に運ばれます。お子さんの麻酔の準備をしている間は、親/近親者は傍に座っていることができます。麻酔薬が血液に注入されると、急速に眠ってしまいます。お子さんが眠ってしまうと、付き添われた方は、スタッフと共に近くにある待合室に出て頂きます。

多くの親ごさんが急速に眠ってしまう事と、我が子を他人の手に任せてしまう事を難しくて不安だと思われます。その時に、お子さんは麻酔中ずっと特別な監視装置を使いながら、専門スタッフに見守られていることを考えられると良いでしょう。

//Search

twitter icon

Astrid Lindgren Children´s Hospital | Karolinska University Hospital 171 76 Stockholm


© Karolinska University Hospital

mail
Logotype